古河林業の家

MENU
展示場検索 ご相談 資料請求 来場予約 現場見学会・イベントのご案内
MV MV

家づくりを、
森づくりから始めた。
古河林業

林業と住宅業の二つの事業を持つ、
古河林業にしかできないこと。
それは、「森づくり」と「家づくり」の両立。
一本の木が立派に成長するまでに
要する時間は、およそ半世紀。
私たちは森を育て、家づくりを通じて
国産材を有効活用することで
「森林再生サイクル」を守り続けています。

木とともに百四十九年。
国土の約六千分の一もの
自社林を保有し、
国産材100%
家づくりを行っています。

森を育て、地球を循環させること。
永く快適な住まいを提供すること。

image image

古河林業の森づくり

明治時代から
自社保有林を管理し、
木を「植える」「育てる」「伐る」「活用する」という
循環を繰り返してきました。

木は、一定の樹齢を過ぎると、地球温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)をその中に蓄えることができなくなります。一定のサイクルで木を伐り、家づくりに有効活用する「森林再生サイクル」は、地球環境にとって、森林にとって、そして私たち自身にとっても必要不可欠な行為といえます。

image
  • 「植える」image

    一苗一苗を、
    一人ひとりの手で丁寧に。

    適齢期を迎えた木を伐った森には、私たちの手作業により、丁寧に植林していきます。半世紀後に、誰かの住まいとして暮らしを支えるために。

    image
  • 「育てる」image

    CO2を吸収し、
    社会的意義も果たす。

    新たに植えた苗木は、成長の過程でCO2をたくさん吸収・固定化します。さらに、雨水を留め、きれいな水の源となるなど、さまざまな機能を発揮します。

    image
  • 「伐る」image

    適齢期を迎えた
    木を伐採する。

    半世紀にわたって成長を続けた木々がCO2を蓄えることができなくなる、いわば樹齢が満ちる前の“適齢期”に、伐採を行います。

    image
古河林業の森づくり

古河林業は、「森林再生サイクル」を通じて、
自然環境を、地域経済を、
私たちの未来を「循環」させていきます。

  • image
  • image

古河林業の家づくり

日本の家には、日本の木こそが最適。
日本の気候風土に合う、丈夫で耐久力のある
国産材を惜しみなく使います。

日本には四季があり、夏のじめじめした暑さもあれば、冬の厳しい寒さもあります。日本の森で育った木はそんな気候風土に順応し、害虫に対する免疫や、湿気に対する耐性など、日本の住まいに求められる機能を備えています。古河林業では、日本の家づくりに適した優良木だけを用いて、永く快適な住まいをつくります。

image
  • 「活用する」image

    厳選した国産優良木による
    木材を使用。

    大切に育ててきた樹木は、国産材として家づくりに活用。永く快適な暮らしをお届けするだけでなく、地域経済の活性化にもつながっています。

    image
  • 「構造材は
    国産材100%」image

    丈夫で長持ちする
    家づくりのための選択。

    オール4寸の柱、梁、土台などの主要構造材から羽柄、合板に至るまで国産材を使用しています。「秋田杉」「伊勢ヒノキ」など名のある樹種を適材適所で活用しながら、長持ちする家づくりを実現しています。

    image
  • 「一邸ごとの
    完全自由設計」image

    「間取り」「性能」「素材」
    すべてをデザイン。

    「古河林業の家」は、お客様のご希望や敷地の条件を考えて「0」からプランニング。使用する各素材に至るまで、ご予算の配分を含め打合せを重ねて、世界にひとつだけのフルオーダーメイド住宅を実現します。

    image
古河林業の家づくり

生産から加工~お引き渡しまで、
信頼の自社一貫システムで、
国産材100%・高品質・高性能の家でありながら、
安心の価格を実現しています。

  • image
  • image

「古河林業の家」や最新キャンペーンについては
展示場にて詳しくご案内いたします。

ご来場予約はこちら

まず資料をご覧になりたい方は
こちらからご請求ください。

資料請求はこちら